現役美容師がシャンプーを解説!自分に合ったシャンプーの選び方を詳しく説明します。

髪の毛の情報

美容師さんによくシャンプーをオススメされるけど、実際に何種類もあって、選ぶのが大変。自分に合うシャンプーってどうやって選べば良いのかな…

読者の悩み

シャンプーについて詳しく知りたい

年齢によってシャンプーは変えたほうが良いの?

どんなシャンプーが自分に合うの?

記事を書いている僕は、美容歴20年!年間2000人以上担当している現役美容師が、シャンプー選びについて詳しく解説していきます。

 

現役美容師がシャンプーの重要性を語ります。

 

髪の毛や頭皮のお悩みを改善する最も大切なアイテムはシャンプーだと僕はお伝えしています。

理由

  • 毎日使う商品は特徴をしっかりと把握する事が大事
  • シャンプーは実はダメージする
  • 良いシャンプーは髪の毛を綺麗にしてくれる
  • 頭皮の環境を整えてくれる
  • カラー、パーマの持ちを良くしてくれる

毎日使う商品は特徴をしっかりと把握する事が大事

初めに、毎日使う商品は特徴をしっかりと把握する事が大事です。ほとんどの方が毎日使用するシャンプー。1日ではすぐに実感できないですが、毎日使うと、シャンプーの特徴によって髪の毛が少しずつ変化します。ボリュームを出したいのに、しっとりのシャンプーを使われてたり、髪のダメージが気になるのに、洗浄力の強いシャンプーを使われいるケースが良くあります。間違ったシャンプーを使うと日に日に髪の毛が扱いにくくなるケースがあります。まずは、自分の髪の毛の状態を把握して、自分に合うシャンプーを使いましょう。

 

シャンプーは実はダメージする

シャンプーは洗い方によってはかなりダメージを受けます。特にハイダメージの方や、絡まりやすい方は気をつけましょう。
濡れている髪の毛はキューティクルがひらいた状態です。そこでシャンプーをする際に摩擦するとキューティクルがダメージを受けるので、シャンプーの洗い方がとても重要です。
特にダメージ毛の方や、髪の毛が絡まりやすい方は、お風呂前に必ずブラッシングしてから入りましょう。シャンプーをする際は、頭皮をもみ洗いして髪の毛を過剰に擦りすぎないように気をつけてください。

 

良いシャンプーは髪の毛を綺麗にしてくれる

界面活性剤がアミノ酸、タンパク質でできているシャンプーは、シャンプーから栄養補給できます。一般的なイメージはシャンプーで汚れを落とし、トリートメントで栄養補給すると思われがち。アミノ酸、タンパク質をたくさん含んでるシャンプーは、泡パックといってシャンプーを泡だてた状態で時間をおくと、髪の毛に栄養補給ができます。髪の毛のダメージが気になる方や美髪にされたい方は、タンパク質が含まれたシャンプーがオススメです。

 

頭皮の環境を整えてくれる

頭皮が乾燥や油っぽくなる方、抜け毛やフケでお悩みの方は、まず今使われているシャンプーの特徴を知っておく必要があります。
シャンプーを変えたときや、自分にあってないシャンプーを使われていると、頭皮トラブルになる場合があります。実際にお客様からよく相談を受けるのがシャンプーを変えたら髪の毛がベタついた…フケが出てきたなど…。この原因は新しく変えたシャンプーが髪に合っていなくて起きる現象が多いので、シャンプーを違うものに変えるとお悩みは改善する場合があります。それでも改善されない場合は皮膚科など、病院の先生に見てもらいましょう。

 

カラー、パーマの持ちを良くしてくれる

どんなに良いヘアカラーやオシャレなパーマをあてても、いつかは色が退色したりパーマがとれたりします。少しでもスタイルを維持するためには洗浄力が優しいシャンプーがオススメです。洗浄力が強いシャンプーだとカラーが退色して、パーマも取れやすくなります。できるだけ洗浄力が優しいシャンプーでぬるま湯でシャンプーをしましょう。

 

年齢によってシャンプーは変えたほうがいいの?

 

年齢を重ねると髪質もだんだん変化してきます。個人差はありますが、大体30代になると、実感される方が増えてきます。
主に大人女性が抱える髪の毛のお悩みはこちらです。

  • 白髪
  • うねり
  • パサつき

こちらのお悩みについて解説していきます。

 

白髪

大人女性が最も悩まされるのが、白髪です。
白髪については他の記事でも紹介しているので、こちらもご一緒にご覧ください。

 

『白髪のお悩み解決』現役美容師が白髪について徹底分析!!

 

白髪が出てくるとだいたいの方が白髪染めをします。特に白髪は、黒髪と違い硬くてカラーも染まりにくいと言われているため、白髪染めと呼ばれるカラー剤のほうがダメージを受けやすいです。他にも、白髪染めのほうがしっかり根元から染めるため薬剤を多く使い、髪の毛や頭皮にも負担がかかります。これらの理由から白髪染めカラーの繰り返しで髪の毛も変化していきます。

 

うねり

うねりはお客様を見ていると、30代から40代にかけて特に後ろ髪の中がうねりだす方が多いです。うねる原因は白髪染めによるダメージによるものと、最近よく使われるエイジング毛と呼ばれる髪の毛の増加が原因でうねりはじめます。

 

パサつき

加齢により髪の毛がパサつくのは上記に記載した、白髪染めのダメージによるものと、うねりによって髪の毛の流れが乱れて髪の毛の艶がなくなるために髪の毛がぱさついて見えます。他にも髪の毛も細くなってくる為、ドライヤーの熱や紫外線などでダメージを受けやすくなります。

このように加齢により髪質はどんどん変化していき、髪の毛のダメージを受けやすくなります。髪の毛のお悩みに対して毎日使うシャンプー選びは、とても重要なので、まずは自分の髪の毛と向き合い、自分に合うシャンプーを選びましょう。

 

どんなシャンプーが自分に合うの?

 

では実際に自分に合ったシャンプーはどのように探した方が良いのか?
シャンプーの種類について解説していきます。

シャンプーの種類は大きく分けると3つ

  • 高級アルコール系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系

この種類はシャンプーの中に含まれる界面活性剤の種類分けです。

 

高級アルコール系

一般的に使われているほとんどシャンプーが高級アルコール系シャンプーです。
特徴はシャンプーの泡立ちが良くて、洗浄力が高めにできているので、しっかりと汚れを落としてくれます。そして1番のメリットは安価である事です。
デメリットは洗浄力が強いのでカラーやパーマが取れやすいです。頭皮に刺激も強いので乾燥肌や敏感肌の方は気をつけましょう。

 

石鹸系

石鹸の成分で作られているシャンプーです。
特徴は洗浄力が高めですが、頭皮の刺激は低めです。スッキリした爽快感があってお肌には優しいので、安心して使えます。
デメリットは洗浄力は高めなので、カラーやパーマが取れやすいです。石鹸はアルカリの性質なので、酸性のリンスが必要です。

 

アミノ酸系

アミノ酸・タンパク質で作られたシャンプーで、髪の毛に栄養を与えてくれる高機能なシャンプーです。
特徴は洗浄力が低く、カラーやパーマのスタイルを維持してくれます。泡の状態で放置することで、髪の毛に栄養補給できダメージを修復する効果も期待できます。大人女性にオススメのシャンプーです。
デメリットは他のシャンプーに比べて高価です。

このようにシャンプーの種類は大きく分けて3種類に分かれます。
自分の髪の毛の特徴を把握してシャンプー選びをしましょう。

 

まとめ

 

 

髪の毛を綺麗に維持するために最も大切なアイテムがシャンプーだと僕は思います。毎日使うアイテムだからこそ、しっかりと特徴を把握して自分に合ったシャンプーをお使いになって欲しいです。一日や二日ではすぐに結果に繋がりませんが、持続する事で髪の毛のお悩みを少しでも改善できると思います。今一度、お使いのシャンプーを把握して自分の髪質に合っているのか、お確かめください。
質問やご相談は、ラインやDMからでも受け付けております。お気軽にご利用ください。

 

LINE@でお友達登録したいただきますと、事前にスタイルのカウンセリングをさせていただきます。
不安やお悩みを解消してから安心してご来店ください。

友達追加はこちらから↓

 

友だち追加

 

タイトルとURLをコピーしました